FC2ブログ
気づくことに気づく、学び方。イメージ先行学習の方法。 学ぶお手伝いします。 和室でのイベント・スペース貸しもしています。           






プロフィール

鉄腕アマノ

Author:鉄腕アマノ
立教大学法学部法学科(国際法コース:英米契約法専修)、中高教員免許、司書教諭
相模原市立青少年相談所、図書館、勤務後、神奈川県教員、
手塚治虫命日15周年に手塚治虫から影響を受けた人としてNHKから取材されたほど手塚フアン。フジテレビ「負けるな先生スペシャル」他出演。教師には32歳で転職して、2007年3月                                                       
母の介護のため早期退職。今はNPO活動やブログなどで創作活動をしてます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


かおぞら



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


からすは悪者じゃないよ・・詳細

tirasi1
チラシ2
 何度も、宣伝してすみません。マルチになりそうで恐縮です。他に宣伝の手段がないものですから。この一ヶ月間の書店の売り上げでその後が決まる、、ということなので今しばらくご辛抱ください。

 このページを本の広告のメインにしようかと思うので、まとめてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



嫌われ者にされた動物たち、
そしておばけにされたゆきんこ
悲しんでいるとき、さびしいとき、
そばにいてほしい
そばにいてあげるだけでいい。
なにもしないんじゃない、
なにもしないということをしてあげてるんだよ。

「カラスは悪者じゃないよ」   あまのゆきみち 文と絵
2012年8月19日発売
(株)コレクションインターナショナル 印刷絵・製本 京成社
ISBN978-4-9904373-5-0 00737 copyright 天野幸道
和室すたじお天野家代表:TV、雑誌など撮影場所、
アマノ塾代表:不登校受け入れ、ダジャレの会不定期、、
電話 03-3704-7026 Mail:amano@mui.biglobe.ne.jp 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
札幌ジュンク堂 盛岡ジュンク堂 秋田ジュンク堂 仙台ジュンク堂イービーンズ店 郡山岩瀬時久山店 宇都宮吉久屋書店 高崎ジュンク堂 浦和須原屋 八重洲BC4F 丸善丸ノ内本店 藤沢ジュンク堂 京都アバンディ 京都ジュンク堂 梅田紀伊国屋 難波ジュンク堂 福岡紀伊国屋福岡本店 那覇ジュンク堂  札幌紀伊国屋 新潟紀伊国屋 長野平安堂新長野 立川オリオン店 横浜有隣堂東口店 豊橋精文館 富山Bなかだ本店 福山啓文社PP店 広島ふたばMEGA店 旭川ジュンク堂 弘前ジュンク堂 与野BookDEPOT書楽 大宮ジュンク堂 郡山ジュンク堂 新潟ジュンク堂 松本丸善&ジュンク堂 名古屋ジュンク堂 大阪ジュンク堂本店 大阪ジュンク堂梅田 神戸ジュンク堂三宮店 神戸ジュンク堂三宮駅前 西宮ジュンク堂 千日前ジュンク堂 天満橋ジュンク堂 京都ジュンク堂 姫路ジュンク堂姫路駅店 広島ジュンク堂 広島駅前ジュンク堂 松山ジュンク堂 福岡ジュンク堂 大分ジュンク堂 鹿児島ジュンク堂天文館店 池袋リブロ 吉祥寺リブロ 川崎阪急ブックファースト 新宿BF新宿店 青葉台阪急ブックファースト 銀座阪急ブックファースト 大阪阪急ブックファースト 京都阪急ブックファースト 新宿紀伊国屋 新宿紀伊国屋南店 池袋ジュンク堂 渋谷丸善&ジュンク堂 吉祥寺ジュンク堂 神田三省堂 岩波BSC・・・六本木あおい書店には一昨年出版された「笑いを呼ぶ言葉あそび」も置かれています。そちらもよろしくお願いします。
平成24年8月29日東京新聞掲載広告
解説
登場人物は カラス、オオカミ、黒猫、コウモリ、雪の天使(ゆきんこ)です。
戦前はみな悪者でなかった動物たちです。
コウモリはわらべ歌に歌われていました。   「こうもり来い、こうもり来い、、」
  戦後吸血ドラキュラの映画でこうもりは日本でも悪者にされました。
オオカミは山の神様だったり、お使いだったり
  西洋では大切な羊を襲う悪い動物として、日本でも悪者にされていきます。
黒猫平安時代、猫は御殿で飼われていました。 黒猫は西洋では不吉な動物にされてしまいます。 悪魔の使いだと、、、。
カラスは子供の友達だった。 でも西洋のサタンの使いというイメージが広まりました。
 それに追い打ちをかけたのが、都会では食べるものがなくなり、ゴミをあさるようになり、人間に捕獲されるようになり、 嫌われてしまいます。
ゆきんこと、雪女は同じものです。地域により、少女の格好をしている雪女もいるのです。
やはり人を凍死させます。
昭和30年代に、人を愛して人のために死ぬ、ゆきんこの物語ができ、今のようなかわいらしいイメージが定着したようです。
いずれも、人間様の都合で悪者にされていくのです。ゆきんこだけは、良いイメージになっていきましたが、、。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人間の考え方で悪者、嫌われ者にされる、、、それは現実の人間の世界でも同じです。
僕は幼い頃、体をこわし血を吐き、学校に行けませんでした。母は学校に行けない僕に本を沢山買って読ませました。いつも、空や、野原や、石ころ、虫、鳥など、身の回りの自然や本の世界が友達でした。
父の転勤で東京に出てきたのが、10歳。やがて父親が会社でほされ、家庭が荒れ、私も感情が抑えられず切れる少年になりました。良い子と呼ばれていたのに、、、、自分でも、どうしようもありませんでした。誰か分かってよ、そばにいてよ、、、それが少年の時の思いでした。
社会に出て、不登校や、問題を抱えている子に関わることが多くなったのも偶然とは言えません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大人になった今でも さびしい時は、誰かそばにいてほしい、誰でもそう思うでしょう。
今、いじめの問題が大きく取り上げられています。でも、自分の子供時代と同じで、話しを聞いてくれる大人や友達は本当に少なく仮に話しを聞いても、上から目線のアドバイスやら説教をしてしまう人が多いのです。
頼むから、そばにいるだけでもいいから、誰かそばにいてくれよ、、、と僕も思います。
これは子供だけじゃなくて大人の世界でも、悪者を作り出してしまい、それを団結の一助にしてしまう風潮だってあります。人は自分より劣る存在を作りだしては安心してしまうのです。それは人をさらに苦しめています。
もしかしたら、風俗や夜の世界の女の子、ニートやフリーター、ヤンキーとか、、、いろんな言葉でひとくくりにして、マイナスな価値だけを与え、人を判断していないでしょうか?
話しが飛躍しそうですが、誰かそばにいてほしいから、夜の世界があるのではないでしょうか?
そういう子たちも、誰かにそばにいてほしいのではないでしょうか。キリストの復活を最初に発見したのは娼婦のマグダラのマリアです。
キリストは取税人や娼婦の友となったといいます。今で言えば、マリアは風俗嬢で、取税人は金融屋、、ということでしょうか、、。
最近ますます、ドストエフスキーの罪と罰の、汚れ無き売春婦、ソーニヤの意味の深さを思います。
ネットでも購入できますが、書店で購入いただけると嬉しいです。
長くなりました、すみません。 、、、、、、積年の思いをこめて

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://amanojyuku.blog64.fc2.com/tb.php/215-46bb78bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。