気づくことに気づく、学び方。イメージ先行学習の方法。 学ぶお手伝いします。 和室でのイベント・スペース貸しもしています。           






プロフィール

鉄腕アマノ

Author:鉄腕アマノ
立教大学法学部法学科(国際法コース:英米契約法専修)、中高教員免許、司書教諭
相模原市立青少年相談所、図書館、勤務後、神奈川県教員、
手塚治虫命日15周年に手塚治虫から影響を受けた人としてNHKから取材されたほど手塚フアン。フジテレビ「負けるな先生スペシャル」他出演。教師には32歳で転職して、2007年3月                                                       
母の介護のため早期退職。今はNPO活動やブログなどで創作活動をしてます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



ブロとも一覧


かおぞら



QRコード

QRコード



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天野家ロケハン用冊子

天野家ロケハン用冊子です。
グーグル共有ドライブです、
ここからダウンロードお願いします。



https://docs.google.com/file/d/0B4VSZAQNsWAGYmZmdzltN1p6RFU/edit?usp=sharing
続きを読む

レッツ・コスプレソング

書こう書くまいかずいぶん悩みました。でもやはり書きます。
今度の3月31日(日)、FM世田谷 世田谷ラジオ倶楽部の番組で、10時26分頃、放送の「ototoミュージック」のコーナーは私の担当です。
テーマは「レッツコスプレソング」です。
よろしかったら、いえ、今度ばかりは、ぜひ聞いてください。
そして、感想を局などに送っていただければ嬉しいです。
83.4MHZでお聞きになれます。
またネットでは下記にアクセスしてください。スマホでも聞けます。
http://www.fmsetagaya.co.jp/
リクエスト受け付けるアドレスしかありません。
834@fmsetgaya.co.jp

私は2007年早期退職をしました。
母の介護で2年療休した後です。介護で体を壊し、酸素ボンベを引いて歩く者にはあまりにも冷酷な処遇でした。これでは殺されかねない、それがやめた理由です。
辞めて一番心配したのが、引きこもりにならないかということでした。
そこでいろんな場所に顔を出しました、さもないと自ら命を絶ちかねませんでした。

再就職も含め就職口などありません。そこで、映画を撮ってもらった監督から、はスタジオにしたらと言われ、スタジオを始めたのです。私の持ち物ではありません。母の土地、弟の家です。
いつ何時母を連れ帰るかもしれません、ですから、特養に行く前の姿でできるだけ残しておきたいのです。それがスタジオにした理由です。

そして最初のお客様が、実はコスプレイヤーの方でした。
私はそれまでコスプレのことはよく知りませんでした。
どうご挨拶していいかわからず、通訳をしていた両親が外国の方を年間200年も無料でお泊めしたり、幼いころから外国の方に囲まれて育ったとか、お話ししました。

学校でも職場でもその話はできません、しても理解などしてもらえず、小ばかにされるだけでしたから。
おきゃさんたちはよく聞いてくれました、
そして、雪見障子をあけると、「おー」と声を上げられました。
その時、はっと思いました。
「外国の方と同じ反応だ。」
そして、障子を猫の格好をしてあけておられるのを見たとき、自分じゃとても思いつかないポーズで
「ああ、これは現代の歌舞伎だ。」
と思いました。
それからは、積極的にコスプレを受け入れるようになったのです。
必ず、作務衣を着て応対し、障子にキャラクターを映したり、花火や、スイカを切ること、お鍋を食べること、みんな許可してまいりました。

縁側でスイカを切ったり、のんびり過ごすこと、お庭で線香花火をすること、炬燵で鍋を食べること、、、これが貴重なことだと改めて知りました。
その感謝をこめて「レッツコスプレソング」と題して放送しようとしたのです。
ですが、企画委員という制度が設けられ、構成メンバーはみな60代のお婆さんたちです。
「不適切だから」「アニメソングにしてくれと」と連絡がありました。
その瞬間頭の中で、電線が切れました。
近ごろ来たばかりの人が、知ったかぶりをして、そのようなことを考えもなく言うことは、これが本当の放送だっらなおさらのこと恐ろしいことです。
なんら権限を持たない人が、「それはアダルトで、男女のコスチュームプレイから来た言葉だから」
とか、私は激怒しました。
まあすったもんだして、三か月私は休会して抗議しました。

区民サイドの番組と言いながら、若い人を対象とした内容の番組がないので、少しは若い人たちにも聞いてほしいと思いそれもあり、「コスプレ」を取り上げたのです。

まあいろいろありました、、、少々私も疲れました。
4月から復帰しますが、静かにFade outしていこうかとも思います。

内容は、中高年、一般の人にコスプレとはこういうものなだのと言う、解説番組みたいになってしまいました。

コスプレはスターウオーズからだという説もあるので、スターウオーズから始まり、乙女ゲーム薄桜鬼から「黎明」、深愛、けいおんからふわふわタイム、歌のプリンス様、青のエクソシスト、、と続きます。

31日はよろしくお願いします。


第2回ピンクシャツデー

第2回 ピンクシャツデー 朗読会

鉄腕アマノ塾・アリスねっと・中園直樹:共催

【ピンクシャツデーとは?】
カナダの学生2人から瞬く間に75ヵ国に広まったいじめ反対運動。
カナダでは政府も動いて、毎年2月最終水曜に開催されています。
日本ではまだ知られておらず、世界から取り残されています。
そのため、その痛みを知る小説家で詩人の中園直樹さんが、
インターネットと活字の両輪で、日本に広め続けています。
ピンクシャツデーのこの日に、いじめについて考えましょう。
1 日 時 2013年2月27日(水) 午後5時半開場、6時~8時
2 場 所 和室すたじお天野家・鉄腕アマノ塾
3 住 所 東京都世田谷区等々力6-21-22
4 内 容 いじめ、学校をテーマとした詩の朗読や体験談など
5 参加費 1000円
*申込希望者は、必ず「世田谷会場」希望と天野までご連絡ください。
*申込 Mail:amano@mui.biglobe.ne.jpTEL: 03-3704-7026

詳細はチラシをご覧ください。
また、推進者の中園直樹さんのHPをご覧ください。
http://ameblo.jp/nakazono-naoki/
・2007年のカナダでは新学期にピンクの服で登校し
た9年生(中学3年生)男子がいじめられます。
・それを知った12年生(高校3年生)の男子2人が
その日の内に50枚のピンクのシャツ等を購入。
・メールや掲示板で友人知人等に呼びかけました。
・翌朝、2人は呼びかけた人に配り着てもらいます。
・この日、呼びかけ以上の学生がピンクの服で登校、
学校がピンクに染まりいじめがなくなりました。
・彼らは、このような形によって誰もが陥るジレンマ
「直接止めたら今度は自分がいじめられる」もクリア、
「多数での意思表明だけ」ですべてを解決したのです。
・以降、毎年2月最終水曜が学校や職場にピンクを
身につけて行くピンクシャツデーとして定着。
・英語版フェイスブックで賛同者続出、2010年には
75ヵ国が参加と、世界へ広まっています。
・英語圏の人々は、人類共通のこの問題から被害者の「命」を守ろうと立ち上がっています。
・被害者の「命」を守るためにピンクシャツデーを
日本でも広めましょう。        中園直樹





中園直樹とは
 1974年2月、大阪に生まれ、宮崎に育つ。詩人会議常任運営委員。
自らの過酷ないじめ体験をもとにした小説や詩集などを発表。
2002年2月に自費出版した小説『オルゴール』が学生など若者に支持され
小説家となる。2011年2月にカナダ留学経験のある読者から連絡を受け、
ピンクシャツデーを日本に広め始め、現在に至っている。
【中園直樹の著書(是非お近くの図書館で。手元に必用な際はご購入を)】
・小説『オルゴール』(文芸社/幻冬舎文庫)、
『星空マウス』、『ピエロで行こう』、『チョコレイトの夜』(文芸社)
・メッセージ本『たった一人でがんばっている君へ』(大和出版)
・詩集『しんかい動物園』(視点社)
【中園直樹が紹介されている書籍(是非お近くの図書館で)】
・図書館本『感動ストーリーズ(2)「くじけぬ心」』(学研)
【公式HP:詩と小説の小箱】URL:http://nakazono.nanzo.net/


2013PSD裏

第2回PSDチラシ表










にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

東北応援地元産品購入ツアーレポート8
東北レポート8
食べ物を車で売りに来るけど、そこで軋轢が生じてしまったり、、、、。

某場所で、何気なく撮影していたら、勝手にとらないでください、と地元のボラセンの人に言われました。
そちらを撮ってはいなかっし、かなり遠かったので、こちらは全然そんな意識もなかったので、最初は正直むっとしました。

でも同行した、運転手の人が、後でこんな話をしてくれました。
彼は別の場所で、三か月ボラセンでがれき処理をして、今も現地とつながりのある人です。
一日だけボランティアで来て、わいわい騒いで、写真を撮りまくって、現地の人といさかいになったり、売名行為で来たり、そんなこんなでトラブルを経験しているのではないかと、、。

一年以上たってもがれきが片付かない、いつなくなるかわからない、その景色を毎日ながめていたら、いらいらしてくるでしょう、、と。

これは今後現地を訪れるうえで、頭の中に入れ置かねばならいことでしょう。
こちらは悪気なくても、刺激してしまうこともあるのだということを。
いろんなことを車の中で思いました。

22:04 天野家着
ドライバーの星野さんお疲れ様でした。
私のとてつもない思いつきに、協力していただきありがとうございます。

彼は日本中車で走りまわってる人なので、実に時間の読みが正確でした。
しかも道交法順守です。プロの技を見ました。

こんどもまた彼に頼みたいと思います。

じっくり時間をかけ、次回のツアーをねります。
そして皆様にお呼びかけをいたします。
その時はどうぞお友達に紹介していただいたり、よろしくお願いします。










                     

東北応援地元産品購入ツアーレポート7
7
18:16pm 二本松IC

19:56pm上河内IC   ここで夕食

宇都宮を過ぎると、スカイツリーが見えてきて都会に入った、という思いになりました。

高速で渋谷に入ると、今まで見てきた光景とは全く違うので、複雑な思いでいっぱいでした。

かたや、仮設住宅で過ごし、一年中瓦礫が目の前にあって、どこから手を付けていいのかわらない状態で生活してる。

東京に来る外国人には、「日本は復興した」というイメージをつけるためだろうか、明々と広告が輝いている。
もし東京まで暗くしていたら、ますます日本への投資がなくなるからだろうか。
でもオイルショックの時は11時になればネオンを消していたし、テレビは12時で終わりだった。
今はもっとひどい状況じゃないのか、、、。

やるせなくなる、、、せめて日本人同士争いごとをやめ、できることはしていくべきじゃないか。

あの瓦礫の山を見たら、がれきの受け入れをむげに拒否する気が起きなくなる。
地元で処理、、なんて無理だ。何十年かかるかわからない。
でも放射能が心配、、、じゃあどこで、処分をしたらいいのか、それすらわからない。

いろんな思いが巡る、めぐる。

買い物ツァーなんて、もっとやることがあるんじゃないか、、とか、そんな声も聞こえてきそうだ。
だけど、ボランティアに行く時間もなく、がれきを片付ける体力なんてない、だけど、日本人なら現場を見たい。
そんな中、補助金が被災地に使われてないこと、
太陽光発電の大半は中国製だということ、太陽光を進めれば進めるほど、日本は支出が増えるということ、日本の企業はもうからないということ
売電事業はものすごく非効率で、一般家庭などでは絶対無理だということ、
もともと産業のある都市は復興が早いけど、そうでないところは、平成の大合併がかえってわざわいし行政が動きにくくなってること

1945年終戦、、、そして1964年、東京オリンピック。戦後19年で復興したと言われるけど、
国を挙げて19年かかった。
今はどうだろうか、、、国を挙げて復興にまい進してる、感じにはなっていない。
大都市の生活は相変わらず、消費、浪費、、、本当は不況でみんなピーピー言っているのに、、、。

ボランティアで東北を訪れる人も自己負担が大変な額になる。継続させることが難しい。
せめて食べ物くらいと、東京からケイタリングすると、来る人を当てにして、飲食店や小売業者が




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。